Barilla

PRODUCTS商品情報

LONG PASTAロングパスタ

バリラ スパゲッティNo.3(1.4mm) 容量:300g,450g,700g,1kg

茹で時間が短いため、最近レストランで注目されている1.4㎜。細めでもバリラのスパゲッティなら美味しいアルデンテが作れます。 どんなソースにも合わせやすい万能パスタです。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ スパゲッテイNo.5(1.7mm) 容量:300g,450g,700g,1kg

あらゆるソースとバランスがとれて、シェフにもっとも愛されているスパゲッティ1.7㎜。
ボロネーゼ(ミートソース)やトマトソースなど、お好きなソースに合わせられます。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ スパゲッティNo.7(1.9mm) 容量:450g

太目の1.9mmは、デュラム小麦の味わいをしっかり感じられる、もちもち・ぷりぷりの食感です。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ カッペリーニNo.1(1.15mm) 容量:500g

繊細なカッペリーニの個性が発揮されるのは、香りのよいオリーブオイルを使ったシンプルなパスタです。暑い季節には甘みのあるトマトの冷製パスタにしてもお楽しみいただけます。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ ブカティーニ 容量:500g

ローマ名物の伝統的なパスタ。 「小さな穴のあいた」ロングパスタであるブカティーニはソースのからまりも良く、アマトリチャーナを始め濃いソースに負けない歯ごたえが特長です。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ マッケロンチーニ 容量:500g

イタリアにも日本にも根強いファンの多いマッケロンチーニです。 適当な長さに折って使っても、そのままの長さで食べていただいてもお好みしだいです。 付け合わせにもどうぞ。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.4g
脂質 2.0g
炭水化物 75.3g
ナトリウム 5.0mg
バリラ バベッティーネ(リングイネフィニ) 容量:500g

バベッティーをより細くしたのがバベッティーネです。 バベッティーネと軽めのソースの相性を試してみると楽しい驚きがあります。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 2.0g
炭水化物 75.0g
ナトリウム 0.01mg
バリラ バベッティー 容量:500g

リングイネとも呼ばれ、ペースト・ジェノベーゼとともにジェノヴァを代表するパスタ。ペースト・ジェノベーゼはもちろん、ソースの絡みが良いので魚介類のソースともよく合います。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.4g
脂質 2.0g
炭水化物 75.3g
ナトリウム 5.0mg
バリラ スパゲッティNo.5(1.7mm/長さ52cmロングサイズ) 容量:500g

ナポリの伝統的な製法に基づいて作られたスパゲッティです。昔はみんなこのパスタを好きな長さに折って調理していました。通常は半分に手で折ってお使いいただく自由なパスタです。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 365kcal
たんぱく質 11.4g
脂質 2.0g
炭水化物 75.3g
ナトリウム 5.0mg
バリラ グルテンフリーパスタNo.5(1.7mm)

新しいライフスタイルとして欧米で注目されている"グルテンフリー"。
バリラのグルテンフリーパスタは、4代に渡って続くバリラ社の経験と技術により、黄トウモロコシ、白トウモロコシ、米粉をバランスよく配合することで、おいしい味わいと理想的なアルデンテの食感を実現しています。

<栄養成分> <100gあたり>
エネルギー 361kcal
たんぱく質 5.9g
脂質 1.8g
炭水化物 80.4g
ナトリウム 1.0mg
グルテン 0mg

欧米で注目されるグルテンフリーの魅力!

グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種です。本来グルテンフリー製品は、セリアック病の疾患のある患者さんが主な対象者とした製品です。しかしアレルギー体質ではない健康な人でも、グルテンを含まない食品を食べることで、体の調子が良くなった、食べ過ぎを防ぐといった効果を期待する人は多く、欧米を中心に、美や健康意識の高い消費者にも注目されています。